Monthly Archives: 2月 2020

部活差し入れのお菓子は個包装と大人数に配れるものを探す~アイスとあめ~

吹奏楽部で例えますが、私立や公立の高校でも強豪校であれば部員の数もそれなりに多いと推察されます。
最近では、強豪校の動画もよく見受けられますね。
そうでなくても、公立中学校で3学年集まれば約60名ということもあります。

ホール練習やコンクールの時に差し入れるお菓子は、一袋にいくつお菓子が入っているか気にしながら探しています。今回はアイスとあめについてです。
※商品の重量や数量、価格はあくまで購入時や記事を書いている時のものです。重量表記のものに数量も書いているのは、数が全然分からないよりは少しでも参考になるようにとしています。価格はお店やまたセール時によって違います。重量や数量、価格は購入時に現品を必ず確認してください!

 

部活差し入れのお菓子で個包装~アイス

アイスの差し入れは一度しかしたことないのですが、暑い時期は期待度が高い差し入れ。大会などで時間に限りがある時はできないので、夏休み中の練習時やホール練習(学校単独)の時が良さそうです。

アイスのみの差し入れと他のお菓子とあわせて差し入れる時によって、予算も変わりますね。

 

【プチパーティー】

 


PETIT PARTY(プチパーティー)
一口アイスです。
1袋18個入り。
価格:約250円
1個:13.8円(250円で18個の場合)

アイスクリームの上、小さいので溶けやすいです。
私が差し入れする時は、すぐ食べられるタイミングに行ったわけではないので、冷却材を入れたクーラーバッグに入れて持って行きました。

 

【どんぐり ひとくちアイス】


どんぐり ひとくちアイス
一口アイスです。
1袋28個入り。
価格:約430円
1個:15.3円(430円で28個の場合)

これも小さいので溶けやすいです。
これはまだ差し入れしたことがありません。
機会はあるかもしれませんが、暑い時期に限られるかなと思うので出番があるかどうか。

 

【プチドーナツ】

 


プチドーナツ
一口アイスです。
1袋18個入り。
価格:約290円
1個:16.1円(290円で18個の場合)

 

【ひとくちアイス】

 


ひとくちアイス
一口アイスです。
1袋28個入り。
価格:約430円
1個:15.3円(430円で28個の場合)

 

学校内でごみが処分できるとか出先でもゴミの片づけに問題がないのであればスティック(棒付き)アイスでも良いのかもしれません。

 

【Dole(ドール)もりだくさんフルーツ】

 


Dole(ドール)もりだくさんフルーツ
1箱16本入り。
価格:約260円
1本:16.2円(260円で16本の場合)

ただ、味が一つではいないのでどうやって分けたら良いかな?
学年別やパート別に、同じような比率(味別の本数)でざっくり分けてあとはお任せかな。

 

【ガリガリ君ソーダ】

 

ガリガリ君ソーダ
1箱7本入り。
価格:約260円
1本:37.1円(260円で7本の場合)

 

【角10棒アイスソーダ】

 


角10棒アイスソーダ
1箱10本入り。
価格:約240円
1本:24円(240円で10本の場合)

ガリガリ君と角10棒はソーダ味なので、さっぱりと食べられますね。

 

 

部活差し入れのお菓子で個包装~あめ

あめなどの場合は、重量で表記してあるものが多いので、とにかく数が足らなくならないように注意しています。パッケージ裏に栄養成分表示がありますよね。そこに1粒〇g当たりと書いてあれば、内容量を1粒の重さで割ってそこから包装紙をこれくらいひけば大丈夫かなぁと計算しています。
ただ、そうはいっても不安ですし、ちょっと大変なので自宅用に買った時に見ておくといざって時に良いですよね。

 

【Kanro(カンロ)金のミルク 濃い贅沢】

 


Kanro(カンロ)金のミルク 濃い贅沢
1袋80g個包装込み
価格:約192円


数えたら19個入っていました。
1個10.1円(192円で19個の場合)

 

【kanro(カンロ)色えんぴつキャンディ】

 


kanro(カンロ)色えんぴつキャンディ
1袋80g個包装込み
価格:約203円


数えたら24個入っていました。
1個8.4円(203円で24個の場合)

 

 

【Asahi(アサヒ)三ツ矢サイダーキャンディアソート】

 


Asahi(アサヒ)三ツ矢サイダーキャンディアソート
1袋136g個包装込み
価格:約162円


数えたら30個入っていました。
1個5.4円(162円で30個の場合)

すみません~。
あめの値段は書きとめていなかったので忘れてしまって、項目欄は書いてありますが値段が抜けています。
また、値段が分かったら追記します。
でも、近所のスーパーで売っているなら店頭で確認した方が早いです・・・。

追記しました。

吹奏楽部のステージをビデオカメラとスマホで撮影したいから思い切って

子どもが演奏している姿をビデオカメラやスマホにおさめたいと思うのは親心ですよね。撮影風景を見ていると、ビデオカメラまたはスマホで動画を撮影している姿が見られます。ちなみに私は、基本の動画撮影はビデオカメラ、追加の動画や写真撮影はスマホでしています。
デジカメでの写真撮影もありです。
でも、正直スマホでも手振れの少ない動画をフルで撮りたいです。

 

吹奏楽部のステージをスマホで撮影するために買ったもの

 

学校主催の演奏会・地域での演奏会・大会・コンクール、それぞれ撮影が禁止されていなければ、ビデオカメラやスマホで撮影をしていますが、必ず動画撮影用に三脚は持って行きます。

数十分手で支えて音楽を聴くのは正直厳しいし辛い・・・。
ゆっくり演奏を聴きたいですしね。一曲ずつ分割したとしても結局数分ずつ構えていなければいけないし、気が抜けないから。ビデオカメラで演奏のスタートから終わりまで通して録画をしちゃいます。
手が空いていれば拍手もできます。

そしてスマホでもビデオを撮りたい。
でも、腕がしびれる・手振れしやすいなどちょっと難点もありますよね。
そこで、いろんな三脚の高さや機能を見比べました。
選ぶときに優先したことは、ホール撮影の時に自分の目線またはそれより少し高く設置できること。三脚の足がスムーズに伸縮できること。クイックシュー(DIN規格)の着脱が簡単なこと。三脚ネジ規格準拠の1/4-UNC(細ネジ)対応なこと。
他にも細かい点は見ていますが、まずはその4点。

 

そして、買ったのがSLIK(スリック)のGX6400

現在使っているのが、SLIK(スリック)のU6600なので使い勝手は同じだったのも決めてです。

 

それと、スマホをのせるホルダーも探して購入。
KING フォンホルダー&スタンドキット

三脚ネジ規格準拠の1/4-UNC(細ネジ)の穴あり。
カメラやビデオカメラの三脚に取り付けて使えることと、ホルダーについているスタンドがボトムグリップとして使えることが良いと思いました。
上の三脚(SLIK GX6400)は買ったばかりでまだ使っていませんが、今の三脚(SLIK U6600)を客席でたてて撮影する時、隣でも三脚を広げて座っている方もいます。だからスペースは狭くなりますが、たてられなくはありません。
ただ座席の通路側に座った場合は、中に座りたい人を通す時にどかしたりよけたりしなくてもいけない時もあります。だから三脚を使う時は座席間の中央へ座ると落ち着いて撮影できます。
または、ホールの後方で立ったまま撮影する方法もありますね。

 

吹奏楽部のステージをスマホで撮影するために買った三脚

演奏会は屋内外であるので、椅子に座った時は前方の観客の後頭部を超えることが必要ですし、屋外で全体を撮影しようとすると、一番後方になるためやはり高さが必要です。
上で三脚を選ぶときに優先したことは、

・ホール撮影の時に自分の目線またはそれより少し高く設置できること
・三脚の足がスムーズに伸縮できること
・クイックシュー(DIN規格)の着脱が簡単なこと
・三脚ネジ規格準拠の1/4-UNC(細ネジ)対応なこと

と書きました。
他に注意したのは、

・重量
・価格

ですね。

重さが1.24kgなので、店頭で持ち比べると軽い!とは言いづらいかも。
ただ、高さと軽さの両方を求めるとお値段ももっとあがってしまうと思ったし、専用バッグで持ち運べない大きさと重さではないと判断しました。
他にも水準器がついているのはちょっと嬉しい。
いま使っているのは、水準器がついていないので地面が傾斜しているときや、画面内に傾きを感じるときの脚の長さの微調整に便利そう。

 


開脚調整ストッパーは、三脚の足を狭めたときにぐらつきを軽減できてGOOD。脚が4段なので、3段のものより高さの調整がしやすいと思います。

 

 

 

吹奏楽部のステージをスマホで撮影するために買ったスマホホルダー

スマホホルダーは三脚と同じSLIKのものをはじめいろいろなものがあったし、実際スマホを挟んで三脚につけて見られないからかなり迷いましたね。
一番悩まされたのは、三脚に取り付けた時はスマホがきちんと縦で正面をむくか。
縦向きで撮影や動画の視聴することも少ないのですが、やっぱり使わないからまぁ、いいかとも思えない。万が一もありますしね。

各商品の使い方欄で、縦と横に取り付けた絵または写真があります。
それはしっかり縦になっているけれど、単独で使った場合を想定しています。
でもスマホによって電源ボタン等の位置がバラバラだから、スマホの真ん中にホルダーがあたるとは限りません。

 

 



私が買ったkingのセットはこれです。


ホルダーとスタンドをつなげた状態。
三脚を使わないなら、スタンドを持ち手(グリップ)にすると撮影しやすそう。

 

 

そして、三脚に縦の状態で取り付けてみた状態。
電源ボタンなどが中央にかかるスマホ(本体のみ、カバー無し)で撮影しました。

取り付けはできました。
でも、カメラ台ストッパーやパンハンドルがあたるので、無い方にむけてのせています。
そのため、この状態だとハンドルを使った撮影には向いていません。
また、斜めになっているので、カメラが下を向いているのにお気づきですか?
撮影したい場所と撮影者の高さに高低差があれば撮れそうです。(撮影者が高い場所)
ボタンの都合上スマホの上の方を挟んでいるので、下の方を挟めるタイプなら縦にまっすぐたつかもしれませんね。
あわせて横向きだったら?です。
まず、スマホホルダーを三脚のクイックシューに取り付け。

 


クイックシューを三脚の雲台に取り付けました。

 

スマホ横向き撮影はOKですね。