Monthly Archives: 7月 2019

部活の差し入れは夏でも食べやすくて大人数で分けられるお菓子をお昼休みに

先日吹奏楽部のホール練習時に、差し入れを持って行きました。
今回は、一人(一家庭)からの差し入れだったので、約60人の子ども達に分けられる個包装のお菓子を4種類、夏だったので冷やして食べたらさっぱりできるお菓子を入れて選びました。

 

部活の差し入れは夏でも食べやすいお菓子をピックアップ

差し入れをした日は30℃前くらいまで気温があがり、湿度もありました。
でもホール練習をしている文化会館のロビーは、エアコンが効いているので外で食べる差し入れとは違います。

 

・一口ゼリー
・アイス
・グミ
・マシュマロ

ですね。

 

アイスと一口ゼリーは持って行くまで冷凍庫で保管、グミとマシュマロはいたまないよう(とけないよう)に気を付けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カップゼリーや棒状のゼリーも、果汁入りや大きさ・入り数が違うものがたくさん売っていますね。
暑い時期は凍らせて、寒い時期なら凍らせないで冷やすだけでも良いですよ。

 

 

 

共同で差し入れを買うから予算があるとか、差し入れがアイスだけなら、箱に入っている棒アイスやカップアイスももらって嬉しいですよね~。
うちの子ももらったことがあります。
ただ、ゆっくり食べられない時の大きいアイスは避けた方が無難です。

 

 

 

 

 

グミも1個ずつ包装されているものからテトラパックに少量ずつ入っているものまでバラエティにあるので選択の幅がありますよね。

選ぶときは、パッケージに個数が書いてあるものを選んでいます。
理想は部員の人数よりやや多めに揃えられるものですが、なかなかそうもいかない時もあります。

 

 

 

例えば、上の写真にあるマシュマロを2袋買うとかなりの数になってしまうということであれば、もしかしたら好き嫌いがあるかもしれませんし、1種類で全部をそろえようとせず、〇〇1袋と△△1袋の組み合わせを作り、「これはどちらかから1個選んでもらってね」と話して渡してもOKですよ。

 

 

部活の差し入れに大人数で分けられるお菓子

大人数で分けられるお菓子といえば、ファミリーパックのお菓子を持っていこうと考えますよね。

 

商品名で話してしまえば、ホームパイ・パイの実・アルフォート・カントリーマアム・ビスコなどが思いつきます。子どももこの中のものをもらったこともあります。これくらいのお菓子なら幅広い季節で扱いやすいですが、外側がチョコでコーティングされているお菓子やチョコオンリーなものは溶けやすいので時期や包み紙など包装にも気を付けたいところです。

他にもブルボンのお菓子でルマンド・エリーゼ・チョコリエールなどのミニサイズのファミリーパックやファミリーパックより入り数は少し少なめですが、通常サイズは部員数によっては使いやすい数ですね。

 

現時点での入り数は、

ホームパイ:2枚×20包(40枚)
パイの実:133g(2粒が14~15袋位?)商品は重量表記なのであくまで目安です
アルフォート:204g、目安枚数20枚
カントリーマアム:20枚
ビスコ:2枚×24パック(48枚)
ブルボンオリジナルミックス:17袋(エリーゼなど9種類)

2019年7月の入り数です。
今後入り数が変わる可能性もありますので、買うときは表示を確認してくださいね。